2019-01-09

2019年の抱負

Pocket

新年あけましておめでとうございます。

今年もここに、1年の抱負を発表させていただきます。

毎年、WEBで抱負を発表するということを通じて、自分の進みたい道を明確にできてるなあと思います。2018年の抱負を見返してみても、着実に、なりたい自分に近づいてるように感じます。

昨年は「シバ神(破壊と変容)」がテーマでした。「1人でなんでも抱え込んでしまう自分」から、「みんなを巻き込み、みんなでやれる自分」へ。

今までの自分に甘んじることなく、新しい自分を目指して、2019年もますます、自分の可能性を開いていきたいと思います。

今年は、ずっと後回しにしてきてしまった「書籍」に取り掛かる予定です。昨年あまりできなかった、家族との自然遊びも楽しんでいきたいです。

2019年の抱負

・ごきげんに家事をする

掃除・洗濯・料理など、家事をするときに、心から幸せを感じながらできるようになります。漫画の猫村さんの「つ~るつる~の~、ピーカピカ~~」という鼻歌まじりの感じを目指します。

・執筆、書籍

自分の好きな文章やイラストを生かして、ヨガを伝えていきます。
1冊目は「暮らしの中で生かす、ゆるいヨガ」の本を、夏目標で作ります。
本を通して、ヨガや平和な社会を広げていくことを目指します。

・自分のヨガ講座

今年は月1のペースで、土日に自分のヨガ特別クラスやワークショップをわにで開催していきます。呼吸、瞑想、エネルギーワークの講座や、メンズ、シニアなど、色々な講座を作る中で、自分の幅を広げていきます。6月には六甲山でリトリートも開催予定です。

・ヨガ×ソーシャル

自分が大切にしている「ヨガ」と「ソーシャル(環境・社会)」の世界を、ミックスしていくことを目指して活動します。「ヨガ」の人たちに「ソーシャル」の世界を。「ソーシャル」の人たちに「ヨガやインナーピース」の世界を。内の平和と、外の平和をつないでいくことを目指します。

・レギュラークラスの進化

自分の3つのレギュラークラス「月夜:ダーマフロー」「水朝:ゆるヨガ」「わに瞑想」を、ヨガの実践を続けられる場として、レベルアップして力を入れていきます。

・関わりしろを作る

自分でなんでも解決しようとせずに、まわりの人たちの力を借りられるように、頼み上手、任せ上手、活かし上手な人になります。

・時間を生み出す

そのために必要なのは、早起き、割り切り、委譲、環境と仕組づくり。

・大局観

大きな視点を持って、本当に大切なことに自分の力を注ぐ。
細かいこだわりを捨てて、割り切ることで、自分にスペースを生む。

・往生際

仕事などを時間ギリギリまでやってしまう癖があるので、往生際よく切り上げて、時間にゆとりをもてるようになる。計画力。予見力。段取り力。

・相手のための自分になる

相手のニーズを察して、相手の体となって動く。

・楽しむ

日々のひとつひとつを楽しむ。そのための工夫。

・自然の感性

家族とともに、野外遊びを通じて、ともに自然の感性を育てていく。

おかげさまで2019年も、ますます、すてきな1年になりました。
今年もよろしくおねがいします。

関連記事