瞑想会(関西瞑想ヨガ協会)

~月に1度、瞑想の師「塚本先生」の教えをシェアする会

◆毎月、基本的には第4水曜 15時~
(日程詳細は、こちらをご覧ください)

◆場所:space わに(神戸・元町)

◆費用:1000円

◆持ちもの:動きやすい服装

 

関西瞑想ヨガ協会は、瞑想の師である北海道の塚本先生を師事し、関西でいっしょに瞑想ヨガを学び合うためのサークルです。塚本先生のもとで瞑想を習っていた、ぬん(榊原)と吉岡が主宰していて、2010年の7月から2人で続けています。

この会をはじめたきっかけは、関西でも、定期的に集まって瞑想する場を持ちたいと思ったことです。集まって、何人かで座るのは、1人で座るのとは、また違った良さがあるのです。また、瞑想する仲間を増やしたいと思ったのが、もうひとつのきっかけです。

瞑想や、スピリチュアルなことに興味があったり、瞑想をはじめたい方など、おもしろいメンバーが増えていくのを楽しみにしています。

塚本先生は、IARPの本山博先生のもとでクンダリーニヨガを学び、また、「あるヨギの自叙伝」の著者として有名なグルである、パラマハンサ・ヨガナンダ師の設立したヨガ団体SRFより、クリヤ・ヨガの伝授を受け、また日本国内において、クリヤ・ヨガを伝授する役割にあった、クリヤ・ヨギです。

クンダリーニヨガとは、古来から、人間を霊的成長・進化させて真我(内なる神)を実現させるための秘法といわれる瞑想ヨガのテクニックで、これにより、チャクラ覚醒を目指します。

具体的に、どんな瞑想をするかというと、
まずは、姿勢を整えて座り、簡単な呼吸法で、呼吸に意識を集中していきます。

次に、ビジュアライゼーションというテクニックを使います。
これは、自分で、エネルギーの流れや、チャクラをイメージ(ビジュアル化)するというものです。

これにより、気(プラーナ)が調整され、また、意識をそれに集中することにより、他の思考が静まり、心の静かな状態に近づいていくことができます。
ヨガで扱う心の考え方については、ぬんのブログで以前に書いた、ヨガで考える心の扱い方の記事もご参照ください。
心身の健康、心のコントロール、そして、深い意味での自己実現が、瞑想の目的だと思っています。

この瞑想会は、初心者の方でも、気負わずに参加できるよう、柔らかい雰囲気で行っていますが、
しかし、
塚本先生の瞑想を、できるだけ忠実に伝えられるように、真剣な瞑想を行っています。

具体的には、まず、座り方から説明し、順番に、3つの瞑想テクニックを、説明しながら練習します。

チャクラの意識を用いた、瞑想的なアーサナ(体操)も行います。
ゆっくりの動きで、経絡も刺激し、心身を整えます。
むずかしいことはしませんので、体が硬い方や、年配の方などでも大丈夫です。

そして、30分の瞑想を実践し、
その後、さらに残れる方は、もう1つの瞑想法を追加して、40~50分の瞑想の時間を取ります。
1回だけ参加されて、あとは家で実習されても良いですし、何度も参加され、共に瞑想を高めていくのも良いと思います。

参加者は、全くの初心者の方から、経験者の方まで、年齢も、性別も、様々です。
まずは、お気軽に一度、体験くださいませ。

今後の開催日程については、以下HPをご覧ください。

関西瞑想ヨガ協会
http://kansai-meisou-yoga.seesaa.net/